【呪術廻戦】157話ネタバレ感想 | 部品

広告

部品

きらきら星 術式のタネ きららの術式の解明を進める伏黒パンダ、伏黒の...

伏黒がマグレで勝った事ではない事が判明してしまい、初見で攻略されたことになんともいえない顔をする3年

土下座をしてまでお願いをする伏黒、緊急を要する案件な模様

戦闘が終わった直後、扉から勢い良く虎杖が飛び出してきた

虎杖VS秤

秤とやり合う事になった虎杖

手を出すなと伏黒パンダに牽制、大きく拳を振りかぶる秤に対して

ノーガードで正面で受けきってしまう虎杖、さっきからずっとそうだった秤は違和感を覚える

何故か避ける気がない虎杖に対して、話を聞く気になってきた秤。虎杖はこの戦いは秤を認めされる儀式と捉えている様子、全ての攻撃を受けきり反撃は一切しない模様

そんな虎杖の心を折ろうと再び拳を振り上げる秤、なんで俺を頼ると虎杖に問いかけた結果帰返ってきたのは秤が強いという先輩からのお墨付きがあったからだと答える虎杖

そしてまた顔面に一発入れると、虎杖は秤の打撃に威力とは別に、ヤスリのついたバットで殴られたような痛みがある事に気づく。

秤は自分に命を懸けさせるための熱を俺に伝えてみろと虎杖に吠える、人に言われてここにきたようでは話にならねえと一蹴すると、虎杖は「俺は部品」だ、術師が呪いを祓うための部品にすぎない。の一言にブチぎれた秤は、殺す気で殴りかかろうとする

壁まで吹っ飛ばされた虎杖に、俺の拳は痛ぇだろと呪力のタネを明かす秤。なんでも呪力がザラついてるらしい、そんな中虎杖が秤に問いかける、「俺は部品だ、部品には役割があんだろ。呪いを祓い続ける俺の役割、それに秤先輩が必要だっていうのならアンタがクビを縦にふるまで付き纏う」

己を部品と称する虎杖に熱を感じた秤はついに取引に応じる事に

【呪術廻戦】芥見下々【集英社】

※5chまとめの記事の場合は5chの性質上において煽り釣りなどのコメントも存在します、それが事実がどうかはご自身で判断してください。(嘘は嘘であると見抜ける人でないと掲示板を使うの難しい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【呪術廻戦】157話ネタバレ感想 | 部品』へのコメント

  1. […] 【呪術廻戦】157話ネタバレ感想 | 部品 部品 伏黒がマグレで勝った事ではない事が判明してしまい、初見で攻略されたことになんともいえない顔をする3年 …yamiisoku.com2021-09-08 23:28 […]

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18