【呪術廻戦】159話ネタバレ感想 | 裁き

広告

裁き

コガネ 五条悟が封印された事を今聞く事になった秤は驚愕する。そしてパンダが学長が死んだという事実を告げる。...
部品 伏黒がマグレで勝った事ではない事が判明してしまい、初見で攻略されたことになんともいえない顔をする3年 ...
きらきら星 術式のタネ きららの術式の解明を進める伏黒パンダ、伏黒の...
熱 ギャンブル狂い ...

冤罪

強盗殺人の容疑で起訴された大江という人物の弁護人として、前回の見切りで出てきた男が登場。

大江は一貫して犯行を否認するも物的証拠により逮捕に至る。

血の付いた包丁を警察に届けるつもりと供述する大江の言い分には無理があった。

しかし大江の環境、住み込みで働いているNPO法人の事を考慮するとあり得なくない話ではないと弁護人は推敲する。

行き場のない高齢者に対するシェルター運営や自立支援が主な活動のNPO法人で働いている大江には給料は支払われていなかった。お小遣いと称してお年玉を貰ったり現物支給のみといったブラックな環境。

そこの入居者には前科者も少なくなく、凶器が落ちていても意外ではないと可能性を思慮する弁護士。

過去にあった案件で無理筋の刑事弁護を担当した結果、無罪にできなかった過去があり、そこから本人のポリシーとして弱者救済を掲げている模様。

判決

大江案件の第一審は無罪で決まったが相手が控訴してくると考えている弁護士。

だが二審で有罪無期懲役が確定。検察側は税金とマンパワーで証拠をでっち上げられ判決が覆った。

初めから有罪ありきの裁判、為すすべがなかった。

日車自身は弱者救済の元動いているわけではなく、自分がおかしいと感じた事に対して放っておけない性分だったらしく、性格的にはダメな物はダメだと満足いくまで追求するタイプな模様。

大江の裁判が終わろうとしていたその時、日車がガベルを叩く。

背後に呪霊のようなものを携えて、ブチぎれた表情のまま死滅回遊のプレイヤーとして「日車寛見」が記載される

※5chまとめの記事の場合は5chの性質上において煽り釣りなどのコメントも存在します、それが事実がどうかはご自身で判断してください。(嘘は嘘であると見抜ける人でないと掲示板を使うの難しい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【呪術廻戦】159話ネタバレ感想 | 裁き』へのコメント

  1. […] 【呪術廻戦】159話ネタバレ感想 | 裁き 裁き 冤罪 強盗殺人の容疑で起訴された大江という人物の弁護人として、前回の見切りで出て…yamiisoku.com2021-09-19 19:36 […]

  2. […] 【呪術廻戦】159話ネタバレ感想 | 裁き 裁き 冤罪 強盗殺人の容疑で起訴された大江という人物の弁護人として、前回の見切りで出て…yamiisoku.com2021-09-19 19:36 […]

  3. […] 【呪術廻戦】159話ネタバレ感想 | 裁き 裁き 冤罪 強盗殺人の容疑で起訴された大江という人物の弁護人として、前回の見切りで出て…yamiisoku.com2021-09-19 19:36 […]

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18