広告

【呪術廻戦】150話ネタバレ感想 | 葦を啣む -参-

葦を啣む -参-

今回は巻頭カラー

真希の乱心

葦を啣む -弐- 扇に敗北を喫した真希と真衣、二人はどこかに引きずられていく 我が人生の汚点 当...

前回は真希が扇を殺害した所から、「蘭太」「禪院信明」という新キャラが登場。禪院家では非常事態になっている模様。「躯倶留隊」とは術式を持たない禪院家男児のみで構成されておりその上の組織である「炳」により日夜武芸を叩き込まれる。真希自身も入学前は「躯倶留隊」に籍を置いていた模様

扇が殺害された事に驚愕する禪院家。実力的に寝込み便所で襲われたと見ているので

覚醒した事は勿論知らない、確かに確実な勝利を欲するならそれがベストなのは間違いない

殺陣

屋敷で隊に囲まれる真希、二刀を手にして想うは真衣からの「全部壊して」という言葉だった

覚醒した力により大勢を相手を次々と殺害していく真希、身体能力が伏黒父と同レベルにまで上がっている模様。なすすべなく殺されていく「躯倶留隊」のメンバー

最強集団「炳」

新キャラ「長寿郎さん」が登場、信郎によると禪院家最強の術師集団「炳」のメンバーであり実力者である模様

NARUTOの土遁のような技を繰り出す長寿郎、手のようなものに挟みつぶされる真希

作画崩壊

作画が急に崩壊してしまう。これはハンターハンターを彷彿させる絵である

昔ジャンプを読んでいて下書きの状態で載っていたハンターハンターのオマージュなのかそれとも作者が忙しすぎるのかは不明。炳の二人は首を攻撃され死亡か

最終局面

最強集団も気づいたのか真希が伏黒父を同じに成った事を悟り、死にかけながらも本気で殺しにかかる。ワシもろとも殺れと言わんばかりの勢いで

ここで武闘派とみられた禪院甚壱の術式が解放される。拳を構えると虚空から無数の拳が降り注ぎ真希を潰す、これは確実に死んだに違いない

禪院甚壱の最期

しかしそこには甚壱の首を持った真希が現れる、戦闘シーンの省き方スピード感が異常である。サクサク進み過ぎて怖い

甚一の首は川へポイ、魚の餌にしよう

次回、なおや死すデュエルスタンバイ!

呪術廻戦 作者:芥見下々 集英社

+2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【呪術廻戦】150話ネタバレ感想 | 葦を啣む -参-』へのコメント

  1. […] 【呪術廻戦】150話ネタバレ感想 | 葦を啣む -参- 葦を啣む -参- 今回は巻頭カラー 真希の乱心 前回は真希が扇を殺害した所から、「蘭太」…yamiisoku.com2021-05-31 15:32 […]

    0
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18